kaitabi blog

Habit is a second nature(習慣は第二の天性)

Brisbaneへ!

 

 

カイです。

 

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか。こちらは季節は冬ですが日中は23℃で天気は晴れ、とても過ごしやすい気温となっています。日本は夏で、どこかの都市では気温が40℃だと聞いています。暑いですよね。熱中症にはお気をつけて夏を楽しんでください。

 

 

 

本日は、シェアメイトと共にオーストラリアにあるBrisbaneという都市に台湾料理を食べに行ってきました。Brisbaneという街は都会で、カフェやパブなどもあり若者で賑わっている街です。一部はビジネス街もあり、工事などもしており都市開発も進んでいる様子でした。

 

 

僕たちが行った台湾料理のお店は、Brisbaneの中にあるSunny Bunkという街のチャイナタウンにあります。名前は、Taiwan Traditional Home Cruisineといいます。

 

 

ここで僕は、牛肉麺を注文しました。レンゲが可愛いです。↓↓↓

 

 

味は香辛料が効いていて、とても美味しかったです。こちらは15.5$でした。フリーサービスでチキンスープがありましたが、これも美味しかったです。チャイナタウンだけあって、周りにはアジアの方々がほとんどでした。子連れの方々もいて、地元の方にも愛されているところなんだなと感じました。

 

 

 

台湾には、4年前に一人旅で行ったことがありますがそこで初めて食べた魯肉飯(ルーローファン)がとても美味しかったのを思い出しました。当時(26歳)、一人で海外に行くことが初めてでワクワクドキドキしながら旅へ行ったのを覚えています。市内のバスで隣に座った現地の男性と仲良くなり、台湾市内を少し案内してもらい一緒に記念撮影した思い出が蘇りました。

台湾には、九份という「千と千尋の神隠し」のモデルとなった街や、台北101という世界一高いビルとしてギネスブックにも載ったスポットがあります。(現在はドバイのビルに抜かれています)

食事も日本人の味覚に近いものが多くあり、小籠包や空芯菜炒めなど美味しかったですが、まだまだ美味しい食べ物がたくさんあると思います。

 

 

 

僕が思う台湾の方々は、本当に親日で「日本人」ということを伝えると、笑顔で「私日本大好き」と言ってくださる方が多く、それだけで心が温かくなり台湾が好きになりました。今後また行きたいと思った国の一つです。

 

 

 

オーストラリアに来て、まだ2週間たっていないのでまだ日本食が恋しくはなっていないですが、今後食べたくなる時が来ると思うので、その時はこちらの街にお邪魔しようかなとも思っています。(そのためには車を手に入れないと、、、近々車についても書きたいなと思っています)

 

 

みんなでご飯を食べた後は、Brisbaneの街の中にあるアウトレットモールでショッピングをして帰ってきました。

明日も仕事はOFFなので(早くハイシーズンきてーー!!)、何をしようか検討中です。

7月3日にゴールドコーストでフルマラソンに出る予定なので、練習もかねて走ってきます!

 

 

日本の皆さん、夏が来ていると思いますが特に関東など猛暑になる地域にいる方々は熱中症にお気をつけて。僕は、オーストラリアの夏が楽しみでもありますがどこまで暑くなるんだろうかと、雪国出身としては不安でなりません。

 

 

ではでは、さようなら〜